詩人の言葉

詩人・日向裕一、心と魂からのメッセージ。
2018年月日 詩人の言葉 解説
2月20日 政治家とは発言の責任があります。 政治家は公人としての特権階級です。

発言に強い責任があり、実力と実行力。

それを問うのが民間の役割でもあります。

実力と実行力がない政治は政治ではない。

真の政治家には言葉の重みがあります。
2月16日 善い人間関係は立場ではない。 人は大人になると肩書や立場を気にします。

立場というのは、プライドの一つです。

善い人間関係とは、立場の壁を乗り越えて、

みんなの笑顔が実現します。

時には、立場を気にしないことも必要です。

善い人間関係とは、善い相談員と同じです。

相談員の立場が上ではなく、同じ目線です。
2月15日 手本となる政治を望みます。 カッコイイ言葉よりも、

真実を語る政治家は少ないです。

政治家は発言力・発言権の特権があり、

言葉一つ一つに強い責任感が必要です。

政治家は、一般人の代表者です。
2月12日 地道に継続して努力することです。 信念の根っこを育てて、

地道に継続して努力すること。

それが、人生の開運になります。

今が困難・苦難だと言っても、

必ず、人生の道は開かれてゆきます。
2月11日 理想を信じられる社会。 夢のない若者が多い日本。

現実は厳しく、夢は夢物語。

夢は簡単ではありませんが、

その夢を信じられる心が教育基本です。

日本に最も必要なのは、大きな夢です。
2月7日 人が人を治す社会と愛。 勉強ができるからと言って医師になる。

そこには、愛を失望させています。

学問も必要ですが、愛こそ真実です。

愛は、宇宙の広がりです。

その遺伝子は、私たち人間にもあります。

すべての人々に愛を。

それが、真の医学、人間の基本です。
2月5日 政治家は自我です。私利私欲と利権。 人間、生まれときは、無心です。

人間、無我夢中に生きる人生が幸せです。

宇宙の営み、秩序があるからこそ、

愛と平和、そして、希望の社会へ。

宇宙も無心です。

人間の真を問いましょう。
2月4日 真の成功者とは、お金と物質ではない。 資本主義は貧富の差を生んでいます。

お金と物質も必要ですが、

命と魂は平等です。

豊かな真心こそ誠と正義です。
2月3日 悪道は、地球を暗黒にする。 政治家の権力は、

時として悪道となり、人々を悲しみにします。
2月2日 邪心を捨てなさい。善道へゆきましょう。 人生、道に迷ったときは、

善の道を歩み、邪心・悪道を捨てましょう。
詩人の言葉|詩人|日向裕一








詩人の言葉|詩人|日向裕一