魂のラブソング|ポエム|


魂のラブソング、それは、氷河のような約束。

舞う雪を一緒に見て、プライドを捨てた、あなた。

駅のホームで見た、あなたの横顔に心が響いた。

いつの日か出会えるときは、あなたへ魂のラブソング。

あなた、結婚した女性と笑顔で暮らしていますか。

私は、二人の幸せを毎日、遠い場所から祈っている。

舞う雪を一緒に見ていた過去たちは、最終電車のように。

ラララ、ラララ、ラララ、魂のラブソング、あなたへ。

 


HOME BACK