瀬戸に恋して|ポエム|


古里に帰ってきた初心を忘れない。

心も癒されてゆき、瀬戸に恋して夕日を見る。

春には桜の道、大崎公園が美しくキラキラ。

人生という名の物語、夢は遠く遠い場所にある。

だけど、この恋は、初めての恋のような優しい風。

時の流れに、古里で暮らして十六年目になった。

この田舎町で生きて、瀬戸に恋して夕日を見る。

古里の大崎上島という島は、優しい風が吹く田舎町。

 


HOME BACK