自己紹介・文


日向裕一・作者の部屋・自己紹介のページです。

私は、大崎上島町と竹原市を活動拠点に創作活動をしています。

一人の芸術家として多くの善い出会い・善いご縁に恵まれています。

ここまで来れたのは、両親の愛情と理解、そして、家族の絆です。

私は、芸術の無限大を信じています。その答えは、心と愛だと強く感じています。

そして、日本国の民間としても、真の民間リーダーを目指しています。

一生、私は、民間の一人として創作活動、仕事をしてゆきます。

これからも、善い出会い・善いご縁のつながりを大切にして望んでいます。

大崎上島町と竹原市は、大不況でもあり、不景気でもあり、安心・安全ではありません。

真の豊かな暮らし・生活ができる郷土愛精神で一生懸命に努力します。

新しい時代を創り、私の目指すべき大きな仕事の一つには、世界平和です。

地球も一つの命と考えて気づいたとき、この星が平和であるからこそ文化は発展してゆきます。

私には多くの夢があり、そして、目標もあります。一緒に未来へ前進してゆきましょう。

志と信念がある人々と共に新しき時代を創り、地球の平和を実現することに前進したいです。

一人一人の力量(能力)という力を合わせて地球観・宇宙観を感じ、学び、芸術として表現します。

芸術とは、無限の設計図のような感じだと私は強く思います。一緒に時代の扉を開けて未来へゆきましょう。




水泳スクール、チェス、ベネッセコーポレーションこどもちゃれんじ、学習塾などで学ぶ。


一ツ橋ゼミナールと合わせて二つの塾に通い、部活は卓球、クラブ活動は図工とバトミントン。

短期間だが空手道場にも通った。

小学五年生のときにロードレース大会に出場。

小学六年生のときに絵のコンクールで金賞。

小学六年生のときに音楽のコンクールで指揮者を務めた。

小学六年生のときに映画館のボランティアに参加。

漫画家の鳥山明先生の弟子になると卒業文集に書いた。

中学一年生・二学期から中学三年生まで不登校で適応指導教室へ通った。

中学一年生から中学三年生まで国際ボランティア「日本語教師」と「国際交流ツアー、文化交流」などに参加。

中学時代は、家庭教師で勉強を学んだ。

適応指導教室で元学校長4名と元教頭1名から勉学なども学んだ。

また、元学校長へ自主的に「ゆとり教育、個人主義」などのレポートを多数・提出。

適応指導教室に通い、職員、教育委員会、所長など多くの方々と出会った。

教育委員会の人気者として個性的な少年(^^♪

中学一年生のときに元学校長から将棋も学んだ。

中学一年生から三年生までサッカーと卓球に熱中した。

中学二年生、三年生のときに耐寒ラリー大会に出場。

中学二年生のときに嘉手納・米軍基地へホームステイを体験。

中学三年生のときにフィリピン・マニラとセブ島へホームステイを体験。

中学三年生のときに朗読ポエム・カセットテープを自主制作。

中学生のときにパソコン、ワード文章、ホームページ制作を独学した。

他校・教師の紹介でサッカー・フジタ・ジュニアユース(ベルマーレ平塚)で練習。

他校・学校長から国際ボランティア活動などが認められてメダルを授与。

学校長のご推薦で私立吉備高原学園高等学校に入学。

普通科で学ぶ。

専門コースは福祉ボランティア。

校舎にあった日本庭園で緑化授業を学ぶ、緑化授業でゴルフ場などの見学。

風紀委員としても活動。部活はサッカー、選択体育は柔道。

音楽祭では指揮者を務めて準優勝。

























日向裕一|作者の部屋|自己紹介